りんごひとつ

義援金や原発事故の補償金と

生活保護の打ち切りとが、なぜ結びつけられるのだろう。
一般的に義援金は一時的なもので、補償金も、報道されている範囲では大きな額ではない。また、自立できるまでの期間、それらでずっと補償されるのかは、わからない。それらはなにより、失ったものへの埋め合わせであり、プラスとなるものではない。
決まりに沿って動くことは楽なことだが、決まりから外れないことだけが正しいことではないだろう。「生活保護」は、本来、生活を守るためのもののはず。
私は基本的には生活保護をよしとするものではないが、この震災と津波、そして原発被害については、生活保護こそその本領を発揮すべき制度であると考えている。
[PR]
by paradeisapfel | 2011-06-16 22:20 | 日記
<< 当然だったこと ずっと >>


のんびりと、そして慌しく過ぎていく日々の狭間で、思うことを綴っていきます。たいせつなことを忘れないように。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
大赤字
at 2011-08-24 00:30
24時間闘えますか
at 2011-08-18 23:00
玉音
at 2011-08-16 21:45
無精なので
at 2011-08-10 22:40
あと10日
at 2011-07-14 22:22
検索
カテゴリ
以前の記事
連絡先
paradeisapfel
@excite.co.jp
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧