りんごひとつ

カテゴリ:身体とこころのために( 37 )

無精なので

しばらく更新していなかった間、ずっと訪問してくださった皆さん、ありがとうございました。
感謝申し上げます。


蝉は鳴き、ヒロシマの日とナガサキの日が過ぎ、月おくれぼんを迎えます。
8月は、いのちについて考える機会を、常の月よりも多く用意している月のように感じます。
[PR]
by paradeisapfel | 2011-08-10 22:40 | 身体とこころのために

あと10日

あと10日で、テレビのアナログ放送が終わる。
私には、それ以降、テレビがない。

それでいいような気がする。
[PR]
by paradeisapfel | 2011-07-14 22:22 | 身体とこころのために

眠れない夜は

焦らないこと

羊を数えないこと

起き上がらずに身体は休めること

あたたかいミルクかココアを飲んでみること

たいせつなひとと一緒に
そんなぐるぐるを楽しんでみること
[PR]
by paradeisapfel | 2011-06-03 02:01 | 身体とこころのために

たいせつなものは

なんだろう。

意地か、体面か、欲か。
スーツを着て、きっちりネクタイを締めて、
暑い日も焦った時も汗をかかぬような顔をして過ごす日々か。

深呼吸をして、そっと目をつぶって、
眼裏に浮かぶものはなんだろう。
私は、そこに浮かぶものを「たいせつなものだ」と、
自分の意思で口にできる生き方をしていこう。
余計な力もしかめっ面も要らない。
自然に浮かぶ笑顔で、「たいせつなもの」の名を呼ぼう。
[PR]
by paradeisapfel | 2011-06-02 22:21 | 身体とこころのために

塩とまと

 津波被害を受けた宮城県岩沼市沿岸の農地で、熊本の干拓地で栽培されている塩分濃度が高い土壌で育つ「塩とまと」の苗を植える計画があるそうだ。この塩とまとはこぶりながら、土壌の塩分やミネラルの作用で味が凝縮され、糖度は通常のとまとの2倍あり、高価格で取引されるという。

 以前にも書いたが、ドイツでとまとの愛称としてParadeisapfel(天国のりんご)の言葉が使われている。
 津波による塩害のために作物が育たないのではないか、と懸念されているが、あのおひさまの愛情をたっぷり享けた作物ならば、実ってくれるかもしれない。

 Paradeisapfelが被災地のひとたちに笑顔を呼べますように。

 愛情をこめて「とまと」とひらがな表記にて。
[PR]
by paradeisapfel | 2011-05-30 22:12 | 身体とこころのために

添い寝拒否

「愛するひとができたので、愛のない添い寝のおしごとができなくなった」

よかった。そういうまともな筋で。

これは添い寝のおしごとのドラマ。

私は、電車での居眠りも、だいじなひとの隣でないとできない。
私は、ベッドの中で、愛してもいないひととは眠れない。

違和感ばかりだったドラマだけれど、納得できる方向に向かっていきそう。
[PR]
by paradeisapfel | 2011-05-21 00:24 | 身体とこころのために

みどりの風

b0208490_1371147.jpg



みどりの風
という名の香水も店もあるように、
誰もが心地よく過ごせるのが、
こんな風の中なのだろう。

背の高い木が繁る林を抜けて、
これから出勤。

[PR]
by paradeisapfel | 2011-05-19 13:07 | 身体とこころのために

煙草は大嫌いなはずの人が

隠れて煙草を喫っている夢をみた。
(中高生時代の姿ではない)

精神安定剤や睡眠導入剤、アルコール。
私は、そういうものには頼らないようにしている。
そういうものを使って眠っても眠りは浅く目覚めは重く、また、薬自体の作用より、「薬を飲んだ」気持ちに酔うことのほうが多いのだから。
私はそう思っている。
たとえ睡眠不足の日常を過ごしているとしても。

夢の人は、薬もアルコールも日々の友にしていた。
あの仕草からすれば、それだけでは足りない思いを抱いてしまったのだろう。


花と緑の香りの風に、君の抱く重い思いがさらわれていきますように。
[PR]
by paradeisapfel | 2011-05-19 08:22 | 身体とこころのために

みどりのかいじゅう

いただきものである。


b0208490_2245552.jpg


毎年、この時期になると大量にいただく。

とはいえ、殻を剥いてしまえば中身は外見の1/4もない。
昨日の朝摘んだものというので、殻ごと焼いていただく。
初夏のかおり。歯を立てたこの感触がたまらない。
少しだけ頬がこけた月と、
月に光をかざす太陽とに恵を感謝しつつ。

[PR]
by paradeisapfel | 2011-05-18 22:07 | 身体とこころのために

やまとしうるわし

やまとは国のまほろば
  たたなづく青垣
    山こもれるやまとしうるわし

死を迎えるヤマトタケルノミコトが、大和を思い詠んだ歌とされる。
おだやかな空が緑の山々をつなぐ大和の風景がありありと目に浮かぶ、
静かな美しい歌である。

誰もが、このようにたいせつな風景を持っているものだと思う。

ヤマトタケルノミコトは時の天皇の第二皇子、
他の地の山神の化身である蛇の毒に毒され、
大和に戻ることかなわず命を落とす。
人はけして自然には勝てぬという教訓が、
ここにあるのではないだろうか。
[PR]
by paradeisapfel | 2011-05-17 21:00 | 身体とこころのために


のんびりと、そして慌しく過ぎていく日々の狭間で、思うことを綴っていきます。たいせつなことを忘れないように。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
大赤字
at 2011-08-24 00:30
24時間闘えますか
at 2011-08-18 23:00
玉音
at 2011-08-16 21:45
無精なので
at 2011-08-10 22:40
あと10日
at 2011-07-14 22:22
検索
カテゴリ
以前の記事
連絡先
paradeisapfel
@excite.co.jp
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧