りんごひとつ

<   2011年 04月 ( 51 )   > この月の画像一覧

添い寝のおしごと

昨夜、何気なしにつけていたテレビから、「独りで眠れない女性に添い寝する男性を派遣するお仕事」のドラマが流れてきた。その派遣される男性は添い寝だけがお仕事で、女性と肉体関係にも恋愛関係にもなってはいけないという。

誰の小説か忘れてしまったが、武田信玄が(「信玄」なので出家後である)、毎夜、女性二人に添い寝をさせて眠るというものがあった。女性二人は無垢でなければならず、信玄と女性二人は裸体となって、女性二人が信玄にそれぞれ腕枕をされて眠るという(信玄は寝返りが打てないわけだ)。信玄は出家の身なので妻妾含め女体と交わらないが、このようにして女体から精気を得て益々戦に運を運ぶのだと。添い寝の役を務める女性が婚期を迎えると信玄は快く送り出してやり、また他の女性を添い寝役に迎えるのだと。

「眠り」という、いちばん自分の隙だらけの、いちばんたいせつなくつろぎの時に、側にいる相手に何を求めるのか、人により異なるのかも知れない。眠る時すらも自分の気持ちを偽って眠らなければならない人もいるのかも知れない。

彼らはどんな夢を見て眠っているのだろう。

とりあえず、私は、そんなおしごとを人に依頼することも、自分が務めることもできないが。
[PR]
by paradeisapfel | 2011-04-30 21:32 | 身体とこころのために

またやったのか

「東電、協力企業へ代金支払い保留を通知 契約解除も」

朝起きたら、携帯にニューステロップ入っていた。しばらくしたらテロップが消えていた。テロップが流れることに問題があったのだろうか。

東電は、納入済みの品や工事の代金を「契約解除か支払い保留」とするそうだ。それも、社長名ではなく、資材部長名で書類を発行しているという。会社対会社なら、社長名で発行すべきではないだろうか。

倒産してしまった後ならまだしも、東電は「まだ」倒産していない。言うまでもなく、自社の社員の給与を先に減らし、役員報酬は無論ゼロにし、そこからまず支払いをする努力をすべきだ。「想定外」と看板を仕立てた事態を、「協力会社」の納入済み分にまで及ばせる権利は彼らにあるのか。
今、福島原発の現場で力を尽くしてくれている人たちへの無給強要を言い出しでもしたなら、代表取締役たちから順番に現場に入るべきだろう。

今日はこれで、明日は何が出てくるのだろう。
[PR]
by paradeisapfel | 2011-04-30 21:12 | 日記

鹿児島から青森まで

つながったという。

今日のテレビのニュースは、
英国ロイヤルウェディングか新幹線全線がつながった話題。
ゴールデンウィークを機に、
復旧活動に携わるために東北に向かう人もいる、と、ほんの少しコメントが入る。
東北楽天とべガルタ仙台は、
今年初のホームゲームで共に白星を挙げた。

キー局が東京にあるためなのか。
ちょうど心弾む話題が多いためなのか。
「ゴールデンウィーク」の言葉が、どこか踊っている。
[PR]
by paradeisapfel | 2011-04-30 00:03 | 日記

ケンブリッジ公の誕生

先週末に欲しくても見つけられなかった紅茶を、
今日手に入れた。
プリンス・オブ・ウェールズ、
英国王太子に捧げられた名をそのまま冠した紅茶である。

今日はウィリアム王子がキャサリン妃と永遠の愛を誓い、
ケンブリッジ公爵に叙された。
それを祝って、将来の英国王太子のためにこの紅茶を飲もう。
[PR]
by paradeisapfel | 2011-04-29 21:37 | 日記

場当たり

「専門家」が、「政府と一緒にはやっていけない」と匙を投げた。
小佐古敏荘東大大学院教授。
彼の専門は「放射線安全学」だ。

「御用学者」と言われても仕方がないのかも知れない東大の教授が
場当たり的な対応しかできぬ政府に抗議の辞任。

記者会見で、不満のできるだけを彼は語ったのだろう。

だが、彼が去った後、
誰が、この国のために、国民のために飾らぬ助言を首相にしてくれるのだろう。
「僕はちょっと原子力に詳しい」首相が
「耳を傾けてもよい」と思える「専門家」が、他にもいるのだろうか。
彼の取った行動も、怒りのあまりの場当たり的対応なのではないのだろうか。
国の金と大学の名と最高学府の権威にかけて手に入れたその叡智を、
今活かさなくてどこで活かすのか。
[PR]
by paradeisapfel | 2011-04-29 21:22 | 日記

組織が大きいということ

職場で、あるお役所の資料を読みつつ、
お役所のシステムに入力をしていた。

いつものことながら、通達一通で用が足りる通達がない。
「たぶんこうかな」はわかったとしても、
念のためあれも読み、これも読み、
念のためあっちも読み、もう一度戻って、「たぶんこうかな」。
それらの書類も、
とてもわかりにくいWeb上の、
とてもわかりにくい名称の書類になんとなく見当をつけ、
とりあえず開いてみて読む。
時間と気持ちだけが消費される。
電話をしてたずねてみても、
「○○の書類と△△の書類を見てください」。
それ以上に見てます。
よく見てみると、発行部署の名称が少しだけ違う。
似たような名の部署がいくつかあるのだろう。

とりあえずわかったつもりになり、入力をしてみる。
「本システムは夕方5時までしか稼動しません」と、ある通達にあった。
そうですか。
5時を過ぎても動いていますが。
通達を作った部署と、システムを担当している部署が違うのだろう。

入力をしながら、
組織が大きいと、自分のところの仕事だけで完結してしまいがちになり、
関連部署や自分の仕事の結果を受け取る人のことを考えにくくなることを思った。

ちなみに、システムは、9時過ぎまでは動いていた。
[PR]
by paradeisapfel | 2011-04-29 12:32 | 日記

「毎日いろいろ、ほんとうに申し訳ございません」

原発事故、計画停電、東電管内への節電協力脅迫(「今日この後は計画停電をしない」と発表したのにその後の「予期せぬ大規模停電の恐れがある」発表)、夏の節電協力脅迫、サバ読みした電力供給見込量発表、役員報酬の半分だけカット、清水社長の「免責あり得る」発言。

まだあるのか。

電気料金値上げ。

原油価格と調達費の値上がりだけのために電力料金が上がるのではないのでは?と考えてしまうのは、私だけだろうか。「日替わりでいろいろ申し訳ございません」と、誰も直接毎日謝ってもらえているわけでもない。全国の電力会社一斉値上げの簡単なニュースで伝えられる程度の、そんな些細なことなのか。自由競争がない市場だから一方的に利用者に知らせるだけで済まされてきた、そんな今までがおかしかったのだ、と、今になってもまだわからないのだろうか。

東電だけではなく、海江田経済産業相や細野補佐官と管首相との、国と東電の責任に関するニュアンスのズレを見ても、政府はどうして見解の統一をしないのかと毎日気持ちが落ち着かなくなるのだが。

毎日いろいろ、利用者も国民も君らを見ているのを知っていて欲しい。
[PR]
by paradeisapfel | 2011-04-29 12:00 | 日記

蒼い

部屋の中で使う範囲では、ここまで青いとは感じることはない。

月明かりなく街灯のない道を歩く折に、
足元を確認するためにLEDの懐中電灯を点ける。

青い。
この道では蒼いと言うべきか。

足元に向け、そのあおさの中、歩を進める。
まだ夜は肩を竦める風の吹く中、
このあおさは、もう一枚、羽織るものが欲しくなるあおさだ。
[PR]
by paradeisapfel | 2011-04-28 22:42 | 日記

走らせていいのか

徳光和夫氏である。
70歳。急性心筋梗塞で救急車に乗ったことがあるという彼だ。
ただの走りではない。24時間だ。
主治医は了解したというが。
たとえば、今までの人生を走り続けてきた寛平さんが70歳になってから24時間走るのと、これとはあまりに違い過ぎるだろう。
今まで、いろいろなタレントが走らされ、走り抜いた彼らになんと言葉をかけたらいいかと(実際、かけることはないが)思ってきたが、こんなことを見世物として続けているテレビ局にはずっと反感を抱き、番組は見ていなかった。
いつもスタジオで感動の涙を浮かべボロボロのランナーを迎えてきた徳光氏を、今度は走らせるのか。
主治医は、テレビ局は、それでいいのか。
徳光和夫氏は、それでいいのか。
今やるべきことは24時間走ることなのか。
[PR]
by paradeisapfel | 2011-04-28 00:39 | 日記

「ごきぶりのあかじけっさん」

ん??ゴキブリの赤字決算?

わけないだろう。

流れる言葉を漢字に変換する能力も、疲れていると落ち込んでいる。

五期振りの赤字決算。

そうかぁ。
どっちかっていうと、ゴキブリが赤く染まって並んでいるほうがニュースかも知れない。
[PR]
by paradeisapfel | 2011-04-28 00:02 | 日記


のんびりと、そして慌しく過ぎていく日々の狭間で、思うことを綴っていきます。たいせつなことを忘れないように。
最新の記事
大赤字
at 2011-08-24 00:30
24時間闘えますか
at 2011-08-18 23:00
玉音
at 2011-08-16 21:45
無精なので
at 2011-08-10 22:40
あと10日
at 2011-07-14 22:22
検索
カテゴリ
以前の記事
連絡先
paradeisapfel
@excite.co.jp
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧